三桜工業株式会社

三桜工業株式会社

Futurity, Flexibility, Humanity

三桜工業は 22ヵ国 91ヵ所 に製造拠点を有するグローバル自動車部品メーカーです。
自動車・輸送用機器用配管製品や自動車用樹脂製品等の製造・販売を行なっております。
またこれらの製品の加工設備も自社で内製しております。

TopicsBack Number

2018/02/16

三桜製品、車輌の軽量化に貢献

当社の製品・技術開発は、自動車部品の軽量化、環境対策に貢献しています。

2017年12月18日に発売された「LEXUS(レクサス) LS500」に、当社の冷却水用樹脂チューブが初めて搭載されました。冷却水用樹脂チューブは、ターボ仕様のインタークーラーと専用のラジエーターをつなぐ冷却水用の配管として使用されています。当社は、燃料用配管として採用されている樹脂チューブの製造実績を活かし、今回の冷却水用樹脂チューブを開発しました。従来のステンレス製金属チューブに対して、35%(当社比)の軽量化を実現しています。

当社の冷却水用樹脂チューブは、エンジン自動車のみならず、EV(電気自動車)、HEV(ハイブリッド車)、FCV(燃料電池車)にも転用でき、次世代自動車の軽量化に向けて一翼を担うことが期待できる製品です。

当社は、これからも積極的に研究開発に取り組み、お客様のご期待に沿える製品の供給に努めてまいります。