Topics

トピックス

Home > 当社社員考案のがれき撤去作業補助具が復興支援活動に貢献
2011.10.01
Topics

当社社員考案のがれき撤去作業補助具が復興支援活動に貢献

当社社員が、がれき撤去活動のための補助具を考案し、復興支援に貢献しています。

当社では東日本大震災復興支援の一環として、被災地の家の中や床下、庭先、畑などに埋もれるがれきを土のう袋に入れて運び出すボランティア活動を行っています。

当社社員が考案した補助具は、がれきを入れる際に使用する土のう袋が口を開いたままの状態で自立するというものです。これにより、本来2人で行う作業が1人でも可能になり、作業の効率が大幅に上がりました。また、楽な姿勢で作業ができるため体への負担が減り、怪我をする危険性も少なくなりました。

この補助具は、実際にがれきの撤去作業を行った社員が考案したものに、使用者の意見や社内からのアイディアを反映させ、より安全で便利な作業補助具として広く使っていただけるよう改良を重ねてきました。改良品は、7月19日に実用新案(実願2011-004164)として特許庁に出願をしております。

8月には山田町災害ボランティアセンターと大槌町社会福祉協議会に計90枚寄付させていただき、大変喜ばれました。