製品情報

部品同士を接合する

Home > 製品情報 > 三桜の製造技術 > 部品同士を接合する

部品同士を接合する

金属製品はろう付けやTIG溶接にて、樹脂製品は樹脂溶着にて、部品同士を接合することができます。

金属加工 ろう付け・TIG溶接

大量かつ一度に多くの箇所をろう付け出来る炉中ろう付けを主力に、少量に適したバーナーろう付け、価格に優れたTIG溶接(※)など様々な手法で金属を接合しています。
※TIG溶接とは、電気を用いたアーク溶接方法の一種です。(Tungsten Inert Gas)
鉄やステンレス、アルミニウムの接合を行っております。

安定した品質の炉中ろう付け

複雑な形状、小さい部品、一度に多くの接合箇所がある製品には、炉中ろう付けが適しています。
接合部は気密性、強度に優れるため、厳しい熱や振動が加わるエンジン周りの配管に多く採用されています。

自動化による高品質なTIG溶接

炉中ろう付けと比較し、価格に優れた溶接方法です。
ロボットによる溶接を行うことで接合部を美しく仕上げることが可能です。
同材だけではなく、鉄とステンレスの異種金属接合も可能です。
主に自動車のEGRシステム配管に採用されています。

樹脂加工 樹脂溶着

熱可塑性の樹脂部品を融点を超えるまで加熱し、圧力を加えることで、接合することが可能です。
当社の解析、開発技術により、厳しい条件をクリアすることができ、人命に関わるため絶対に燃料が漏れてはいけないエンジン部品にも、採用されています。

耐久性に優れ、漏れない樹脂溶着

単純に樹脂を溶かし接合するだけではなく、規定値以下の振動や圧力で割れや漏れのない厳しい設計~品質管理を行っております。

選択可能な工法

材料や用途に合わせ、超音波溶着・熱板溶着・赤外線(IR)溶着などの様々な工法で樹脂部品を接合することが可能です。
要求性能やコストに応じた最適な工法を提案いたします。