製品情報

チューブをつくる

Home > 製品情報 > 三桜の製造技術 > チューブをつくる

チューブをつくる

当社主力製品であるチューブは、金属、樹脂どちらも自社で製造しております。
耐圧性と強度に優れた金属チューブと、柔軟性と軽量化に適した樹脂チューブの中から、ご要望に合わせ最適なチューブをご提案いたします。

金属加工 金属チューブ

異なる製法で2種類の金属チューブを製造しています。

二重巻鋼管(ダブルウォールチューブ)
両面に銅めっきされた鋼板を二重の管状に巻き込み、特殊な方法で銅ろう付けしたチューブです。

一重巻鋼管(シングルウォールチューブ)
鋼板を管状に成型し、電気抵抗溶接をしたチューブです。

用途に合わせて鋼管表面には、メッキや塗装などの処理を施し、防錆や耐擦傷性を向上させることが可能です。

耐圧強度に優れた二重巻鋼管

耐圧強度が特に優れているため、主にブレーキ配管やパワーステアリング配管に使用されています。
気密性と耐圧強度に優れています。(JASO M101-94による)

  • 外径Φ4.76mm 板厚0.7mm:保証圧力34.3MPa、破裂圧力108MPa
  • 外径Φ6.35mm 板厚0.7mm:保証圧力34.3MPa、破壊圧力83.3MPa
  • 外径Φ8.00mm 板厚0.7mm:保証圧力24.5MPa、破壊圧力66.2MPa

溶接ビード(溶接時の材料の盛り上がり)がないため、内面が平滑で圧損が少ないです。

コストパフォーマンスに優れた一重巻鋼管

当社製のニ重巻鋼管に比べ安価な仕様となっております。
気密性に優れ、主に燃料配管に使用されています。
(JASO M101-94による)

  • 外径Φ 6.35mm 板厚0.7mm:保証圧力24.5MPa
  • 外径Φ 8.00mm 板厚0.7mm:保証圧力19.6MPa
  • 外径Φ10.00mm 板厚0.7mm:保証圧力19.6MPa
  • 外径Φ12.00mm 板厚0.9mm:保証圧力14.7MPa

内面の溶接ビード(溶接時の材料の盛り上がり)が非常に小さいため、内面が平滑で圧損が少ないです。
特殊な焼鈍工程を採用しているため、溶接ビード部の金属組織粒は他の部位とほとんど変わりは有りません。

用途に応じた多様な表面処理

当社製鋼管には用途に応じて、内外面に表面処理を施すことが可能です。

  • フッ素樹脂コートは、当社製鋼管にZnメッキを施し、その上にフッ素樹脂(PVDF)塗料を焼き付け塗装したもので、耐食性に優れています。 
  • ポリアミドコートは、当社製鋼管にZnメッキを施し、その上にポリアミド(PA)樹脂をコーティングしたものです。塩害地域で長期防錆品質を図れるものとして開発しました。フッ素樹脂コートに比べ、耐擦傷性が高く、耐食性に優れています。
  • ポリプロピレンコートは、フッ素樹脂コートやポリアミドコートされた当社製鋼管の上に、ポリプロピレン(PP)樹脂をコーティングしたものです。飛石対策プロテクターとして使用される熱収縮材の代替品として開発しました。

樹脂加工 樹脂チューブ

用途に応じてチューブの層構成を、単層と多層から選択できます。
直管形状だけでなく、蛇腹形状をしたコンボリュートチューブの製造も行っています。
層の構成や形状の他にも、外径や肉厚などのサイズ、また様々な材料を使用した、バリエーションに富んだラインナップが当社の強みです。ご要望に合わせて、最適な仕様の提供が可能です。
コネクターやジョイントなどの接続部品とのモジュール化が可能です。

単一材料で安価な 単層樹脂チューブ

単層樹脂チューブは、単一材料で押出成形したチューブです。
当社製のチューブにて最も安価な仕様となっております。
用途に応じて様々な材料、サイズで提供が可能です。

バリエーションが豊富な多層樹脂チューブ

多層樹脂チューブは、異なる2種以上の材料を同時に押出成形したチューブです。低排出ガス車(LEV[※1])対応の、環境に配慮した当社が誇る製品の一つです。従来の単層樹脂チューブと比較し、燃料透過[※2] 量を大幅に低減したチューブで、最も燃料蒸散ガスの規制が厳しい北米の車輌に採用されています。
外層には熱に強い材料、内層には燃料に強い材料など、用途に応じた組み合わせが可能です。

※1 LEV:Low Emission Vehicle
※2 燃料透過:気化した燃料がチューブの壁面をすり抜けて外に出てくる現象のこと。透過した燃料蒸散ガスは、大気中のNOxと反応し光化学スモッグを誘引するため、環境へ影響を及ぼします。

蛇腹形状で柔軟性に優れたコンボリュートチューブ

コンボリュートチューブは、蛇腹部を設けることで、従来使用されていたゴムホース同等の柔軟性を持たせた樹脂チューブです。
蛇腹部分とストレート部分の組み合わせが可能です。
コンボリュートチューブも多層が可能であり、多彩なラインナップを取り揃えています。
金属やゴムと比較して軽量です。