三桜の製品 / 燃料配管関連製品

フューエルインジェクションレール

Home > 製品情報 > 三桜の製品 > フューエルインジェクションレール

 

プレス型

丸パイプ型

樹脂製

概要

フューエルインジェクションレールは、自動車エンジン用フューエルインジェクター(燃料噴射装置)へ燃料を均等に供給する装置です。ステンレス、鉄、樹脂のタイプがあります。

国内自動車メーカーはもとより、海外自動車メーカーにも採用されています。

特長

  1. 適正な燃料分配量を維持します。
  2. プレス型ではインジェクター(燃料噴射ノズル)から燃料が噴射される際に発生する脈動を低減し、不快な音を防ぎます。
  3. 丸パイプ型では小ロット機種において低コスト化が可能です。条件次第ではパイプを細くできるため、小スペースで適用可能です。
  4. 樹脂製では既存の金属製に対してコスト低減、及び約5~6割の軽量化が可能です。
  5. お客様のご要望により様々な形状に対応可能です。

主要用途

  • ガソリンエンジンの燃料供給装置(燃料ポンプからフューエルインジェクター間の配管)

製品一覧

プレス型

プレス型

丸パイプ型

丸パイプ型

樹脂製

樹脂製