三桜について

三桜のあゆみ

Home > 三桜について > 三桜のあゆみ

三桜のあゆみ

当社は1939年に大宮航空工業株式会社として創立、終戦とともに平和産業への転換を図り、1960年代に自動車部品の製造事業を開始いたしました。
それ以来、自動車市場の拡大とともに、当社もグローバル企業として成長いたしました。当社は、時代に合った製品およびサービスを提供することで、さらなる発展を目指しています。

当社は1939年に大宮航空工業株式会社として竹田儀一により創立され、航空機機体部品の製造事業からスタートしました。
その後、終戦とともに平和産業への転換を図り、アルコール製造、モーターやテープレコーダーなどさまざまな事業に取り組んで戦後の厳しい時代を生き抜いてまいりました。

1939

大宮航空工業株式会社として創業

1939年、当社は大宮航空工業株式会社として竹田儀一により創立されました。
当時、日中戦争を契機とする軍需産業の拡大に伴い、中島飛行機株式会社は太田製作所周辺に部品工場を必要としていました。同社の中島喜代一社長の要請を受けて、知友である竹田儀一が航空機機体部品の製造を目的に当社を創立したものです。
当社は、中島飛行機の航空機である「隼」や「疾風(はやて)」をはじめとする機体部品を製造し、拠点を大宮製作所、古河製作所、一ノ関製作所と拡大したところで終戦を迎えました。

1939 大宮航空工業株式会社として創業

1946

醸造事業の開始

戦後、当社は現在の古河事業所に事業を集約し、平和産業への事業転換を図りました。
1946年、当社は古河事業所周辺がサツマイモの生産地であることを利用して、焼酎の製造に乗り出 しました。当社の製品は「三櫻」のブランド名で焼酎やポートワイン等が広く販売されました。

1946  醸造事業の開始

1956

小型モーターの製造開始

1956年、当社は神鋼電機株式会社の技術指導の下、東京通信株式会社向けテープレコーダー用小型モーターの製造を開始しました。同製品の製造が軌道に乗ると、各電機大手から諸種の発注を受けるようになり、さらに当社はテープレコーダーの応用製品の製造にも事業展開しました。
1959年、当社は小型モーター製造事業の拡大に伴い醸造事業を閉鎖し、設備および営業権を三楽酒造株式会社に譲渡しました。

1956 小型モーターの製造開始
1939年
  • 3月
    東京市芝区(現・東京都港区)に大宮航空工業株式会社として創業
    埼玉県北足立郡日進村(現・さいたま市)に大宮製作所を建設、航空機機体部品を製造
1942年
  • 12月
    茨城県猿島郡新郷村(現・古河市)に古河製作所建設
1945年
  • 9月
    終戦により平和産業への転換を図り、竹田産業株式会社に商号変更
1946年
  • 7月
    焼酎の製造開始、「三櫻」のブランド名で販売
1949年
  • 10月
    三櫻化醸株式会社に商号変更
1952年
  • 3月
    三櫻工業株式会社に商号変更
1956年
  • 8月
    小型モーターの製造開始
1957年
  • 1月
    テープレコーダーの製造開始
1959年
  • 5月
    醸造部門閉鎖、酒造の営業権の一切及び酒類製造設備を譲渡
1961年
  • 10月
    東京証券取引所第2部開設に伴い上場

当社は、冷蔵庫のワイヤーコンデンサー用二重巻鋼管(ダブルウォールチューブ)の製造をきっかけに、1964年から自動車部品の製造を開始いたしました。
これが当社の第2の創業です。それ以来、製品群、顧客、グローバル拠点を増やしながら、自動車市場に軸足を置いて当社はグローバル企業として成長いたしました。

1962

ダブルウォールチューブの製造技術援助契約を締結

1962年、当社は米国ヒグビー社とダブルウォールチューブ(二重巻鋼管)の製造に関する技術援助契約締結を締結しました。
ダブルウォールチューブは、冷蔵庫のワイヤーコンデンサー(熱交換器)や自動車用の車輌配管として広く使われる製品で、当社のその後のグローバル展開に大きく寄与しています。
1963年、当社はダブルウォールチューブの製造を開始しました。同製品は当初冷蔵庫のワイヤーコンデンサー向けとして市場に迎えられ、翌年には自動車業界にも販路を拡大しました。

1962 ダブルウォールチューブの製造技術援助契約を締結

1986

米国にHiSan Inc.(現・Sanoh America, Inc.)設立

1980年代、貿易摩擦の激化に伴い、日系自動車メーカーは海外現地生産を本格的に開始しました。 1986年、当社は米国オハイオ州フィンドレー市にHiSan Inc.(現・Sanoh America, Inc.)を設立し、日系自動車部品メーカー向け車輌配管の現地製造販売を開始しました。また、当初ワイヤーコンデンサーを製造していたPT Sanoh Indonesia等のアジア現地法人でも車輌配管の製造を開始するなど、自動車市場の拡大とともに、当社もグローバル企業として成長を遂げました。(現在の海外事業展開の状況については こちら

1986 米国にHiSan Inc.(現・Sanoh America, Inc.)設立

2013

ドイツGeiger Automotiveを子会社化

2013年、当社は大型樹脂成形品を製造するドイツのGeiger Automotive GmbHの全株式を取得し、完全子会社化しました。当社はこの子会社化を通して、欧米自動車メーカーが顧客ポートフォリオに加わると同時に、エアシャッターガイドをはじめとする大型樹脂成形品が製品ポートフォリオに加わりました。

2013 ドイツGeiger Automotiveを子会社化
1962年
  • 4月
    米国ヒグビー社とダブルウォールチューブの製造技術援助契約締結
  • 8月
    冷蔵庫、ショーケース用ワイヤーコンデンサーの製造開始
1963年
  • 9月
    ダブルウォールチューブの製造開始
1964年
  • 3月
    自動車用各種配管部品の製造開始
1969年
  • 11月
    米国ヒグビー社とシングルウォールチューブの製造技術援助契約締結
1971年
  • 10月
    シングルウォールチューブの製造開始
1979年
  • 9月
    インドネシアにPT Sanoh Indonesia(PT Sanoh)を設立
    日系家電メーカー向けに冷蔵庫用ワイヤーコンデンサーの製造販売を開始、当社の海外事業展開の第一歩となる
1986年
  • 6月
    米国にHiSan Inc.(現・Sanoh America)設立
    日系自動車部品メーカー向け車輌配管製品の現地製造販売を開始
  • 12月
    フューエルインジェクションレール製造開始
1989年
  • 1月
    クイックコネクター製造開始
1992年
  • 10月
    樹脂燃料配管製造開始
1993年
  • 12月
    本社を茨城県古河市に移転
1998年
  • 12月
    東京証券取引所の市場第一部に指定
2002年
  • 3月
    ISO14001認証取得
2005年
  • 10月
    樹脂フューエルインジェクションレール製造開始
    本社を東京都渋谷区に移転
2012年
  • 10月
    樹脂冷却配管製造開始
2013年
  • 10月
    ドイツGeiger Automotive GmbHを子会社化

当社の中期経営方針でお示ししている『第3の創業』に向けた、これまでの主な取り組みをご紹介いたします。

2001

ASIMOに当社製ニッケル水素電池採用

2001年、当社製ニッケル水素電池が、本田技研工業株式会社のヒューマノイドロボットASIMO(アシモ)に採用されました。
当社は1990年代よりニッケル水素電池の開発と生産に取り組んでおり、ASIMOのほか、電動アシスト自転車などにも当社の製品が採用されました。このとき当社で培われた電池のノウハウが、現在の電池周辺製品の開発への取り組みにつながっています。

2001 ASIMOに当社製ニッケル水素電池採用

2017

新事業開発センター(CITA)開設

2017年、当社は古河事業所内に新事業開発センター(CITA: Center for Innovation, Technology, and Analysis)を開設しました。CITAは、当社グループの情報の集約化と、人財交流を通して新事業創出に繋げることを目的としています。
施設内には、IoTを用いて各拠点の生産状況を瞬時に把握できるモニタリングルームなどを設置しており、世界各国の先進技術・先端開発情報を反映した研究開発と新事業の創出に取り組んでいます。

2017 新事業開発センター(CITA)開設

2020

「富岳」に当社製樹脂配管採⽤を公表

2020年、当社はスーパーコンピュータ「富岳」に当社製の冷却⽔⽤樹脂配管が採⽤されたことを公表しました。
当社の製品は、富岳の演算処理で生じる熱を冷却する回路に搭載されています。当社はこれまで自動車部品生産の分野で培った技術を応用し、初めて自動車用部品以外での樹脂製品の製品化に成功しました。

2020 「富岳」に当社製樹脂配管採⽤を公表

2021

中期経営方針を策定

2021年、当社は2021年度~2030年度の中期経営方針を策定しました。 当社は、『第3の創業』とも言える大きな事業変革に果敢にチャレンジし、コロナ・ショックの後に来たるべき新しい世界において、さらなる成長を実現させていきます。

2021 中期経営方針を策定
2000年
  • 10月
    ホンダASIMOに当社製NiMHバッテリー採用
2017年
  • 10月
    古河事業所に新事業開発センター(CITA)開所
2018年
  • 9月
    全固体電池の研究開発・製造を行うSolid Power Inc.社に出資
2019年
  • 7月
    新型熱電発電素⼦の連続発電試験に成功
2020年
  • 9月
    スーパーコンピュータ「富岳」に当社製冷却⽔⽤樹脂配管製品採⽤を公表
2021年
  • 5月
    中期経営方針を策定