三桜について

三桜メッセージ

Home > 三桜について > 三桜メッセージ
竹田 玄哉
取締役社長竹田 玄哉

三桜工業は1939年に大宮航空工業として創業しました。戦後、醸造や家電など、様々な事業へのチャレンジを経た後、1960年代に自動車事業に参入し、世界第二位の車輌配管メーカーとして成長してまいりました。お客様のニーズに応え、鉄、樹脂、ステンレス、アルミなど多様な材料を扱い、世界の主要自動車メーカーに日々製品とサービスをお届けしています。

三桜工業の強みは、マーケット・インの問題解決能力、ステークホルダーに寄り添った安心の創出です。われわれは次の30年間もこの強みを活かし、『第3の創業』とも言える大きな事業変革に果敢にチャレンジし、コロナ・ショックの後に来たるべき新しい世界において、さらなる成長を実現させていきます。

ステークホルダーの皆さまにおかれましては、より一層のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。